おおさか東線延伸開通 奈良~放出~新大阪 直結
news

おおさか東線全線開通 新たに新大阪駅まで直通

おおさか東線延伸開通 奈良~放出~新大阪 直結
おおさか東線延伸開通 奈良~放出~新大阪 直結

2019年3月16日におおさか東線が全線開通します

元々単線の貨物線だった城東貨物線を複線化して放出駅で学研都市線(片町線)へ接続し、新大阪~奈良間を直通で結ぶおおさか東線がいよいよ開通します。

先に書いたように、元が単線の路線なので、複線化するには路線沿いの用地買収が必要で、工事の場所も狭いので大変だろうと思っていた。最初の予定よりも少し遅れたものの、ほぼ目算通り開通にこぎつけた。

工事の間、放出駅から先の、鴫野駅やその先は大規模な工事が行われ、電車の走る線路が毎月変わるほどの目まぐるしく線路を入れ替える工事でした。

JR放出駅
JR学研都市線 放出駅 おおさか東線との乗り換えターミナルになる

放出駅から鴫野駅の区間は、学研都市線(片町線)と新しいおおさか東線が並走するので、上下2線づつ、計4本の線路が引かれ、放出駅での乗り換えを考慮して同方向・同一ホームを実現するために線路がねじれるように立体交差している。

JR放出駅から鴫野方面を見る
JR放出駅から鴫野方面を見る

表にすると

放出駅 途中 鴫野駅
学研都市線 上り 京橋方面行 学研都市線 上り 京橋方面行
おおさか東線 上り 新大阪方面
(今は放出止まり)
学研都市線 下り 四条畷方面行
おおさか東線 下り 奈良方面 おおさか東線 上り 新大阪方面
学研都市線 下り 四条畷方面行 おおさか東線 下り 奈良方面

一番下、学研都市線 下りの薄いピンクが大きく上側に移っているのが分かるだろう。実際、複雑に高架を重ね、やがて鴫野のホームに入るときには学研都市線上下線とおおさか東線上下線はそれぞれ別のホーム島に停車するようになり、その先の路線幅の狭い複線化線路に入っていく。

学研都市線とおおさか東線の並走区間では上下2階になって、狭い幅を4本の線路を通している部分もある。

この線路とホームの設計から、おそらく学研都市線とおおさか東線の乗り換え、例えば、新大阪方面から同志社前に行くときには、放出駅がメインの乗り換え駅になると思う。鴫野駅のでの乗り換えはホームをまたぐことになるので、少し時間のかかる方法になるだろう。

前から、放出駅辺りはマニアックな鉄道好きに注目されていたが、これからも沢山の興味深い工夫にてっちゃん達が集まることだろう。

img_2019map

この新大阪までの延伸で何が一番便利になるかというと、もちろん奈良方面からの利用客に新大阪までの電車が使える。

でも、大多数の放出駅周辺住民にとって本当に便利なのは次の3点だ。

1 JR京都線神戸線などの主要路線に環状線経由で乗り継ぎしなくて良くなること。

さらに

2 京橋で乗り換えせずに、京阪本線に乗り継げること。

もうひとつ

3 梅田で乗り換えせずに、阪急電車に乗り換えが出来ること

 

まず1番目のJRだが、

JRの京橋駅は大きなターミナル駅でありながら、乗り換えが不便なことで有名。
学研都市線は北新地駅まで行くと歩いて大阪駅や梅田駅に行けるが、北新地駅から大阪駅へは結構な距離になる、だから京橋でJR環状線へ乗り換え、大阪まで行くが、時間は少しだけ早いものの、ラッシュ時にはなかなかに大変。

京橋駅がバリアフリー化されていないこともあって、京橋での乗り換えは子供連れだと断念するしかなかった。乗り換え時に、ベビーカーを持ち上げて階段で運ぶのは京橋駅での日常風景なのだ。

今後も大阪駅や難波方面へに行くには、京橋での乗り換えが必要だが、京都や神戸方面へ行くなら、何も無理して混雑する京橋や大阪駅、環状線を経由しなくても、広くて比較的空いている新大阪駅で乗り換えて神戸方面へ行けるのだ。

しかも、神戸方面なら、一気に人が増える大阪駅の手前で新快速に乗れるので、確実に座席を確保できる。

2番目の京阪だが

京阪をJRから乗り換えるにはこれまでは京橋駅しかなかった。しかも、学研都市線から乗り換える時には、なんと、超混雑している環状線京橋駅ホームを端から端まで歩いて、階段を下りてから、長い長いエスカレーターを上るしかなかった。乗り換え駅と言いつつ、ものすごく不便だった。

img_noe

しかし、新駅であるJR野江駅を使えば、200mほど歩くだけ。混雑もしてないし、こっちの方が断然楽。そもそも、学研都市線でなくおおさか東線を使う時点で楽。京阪電車は朝でもJRほどは混雑しないので、パナソニックや三洋、あっ、もうなくなっているけど、門真方面へ通勤するならこっちが断然おすすめ。

3番目の阪急との乗り換えは、

img_awaji

今まで想像したこともなかった。これが出来ると何が便利かというと、学校への通学範囲がぐっと増えるのだ。

阪急沿線はご存知のように関西ではハイソな沿線と位置付けられている。普段、庶民には縁が無い場所でも、子供が進学する時にはかなり重要な地域になってくる。

高校などは梅田駅にはなく、そこから少し離れた地域にあるので、ラッシュに巻き込まれにくい通学ルートを考えると、新駅淡路駅での阪急線への乗り換えは相当に便利。阪急は梅田駅と十三駅が一番混むので、そこを避けて通学できるのは安心である。関大方面は相当に楽になるだろう。

放出駅界隈の小学校では定番の柴島浄水場への遠足もこれからは放出駅から直通で行けるようになる。

 

本当に放出駅界隈は相当に交通の便が良くなるのに、今はサラリーマンをやってないので、通勤の便利さを実感できないのが少し残念だ。特に京阪への乗り換えが出来ればとずっと願っていたので、京阪利用者には待望の全線開通である。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中